自治体運営の幼児発達支援|子供の成長を伸ばしてくれる幼稚園|幼い頃から勉強ができる子に

子供の成長を伸ばしてくれる幼稚園|幼い頃から勉強ができる子に

自治体運営の幼児発達支援

女性と女の子

3歳児検診を機会として

今、多くの自治体で3歳児以下の幼児教室が開催されています。そこに集まるのは、言葉の遅れや行動に問題のある子供とその保護者です。主に参加しているのは、3歳児検診で何らかの問題を医師から指摘された子供たちです。子供たちは、障害と言われるレベルではないものの、今後の集団生活に適応できる力を養う目的で参加しています。幼児教室を主宰するのは、地域福祉センターで、月に1回の割で開催されています。子供を連れて参加する保護者にとっても、育児のアドバイスがもらえるので、大いに参考になると喜ばれています。幼児教室では、子供たちは遊びを通して多くのことを学び、親は育児に自信を持つようになります。そして、成長した子供たちは、1年後には幼稚園へと巣立っていくのです。

保健センターの育児相談

幼い子供の育児の助けになる幼児教室ですが、その存在を知らなかったという人も結構います。この幼児教室のことは、自治体も周知に力を入れていないのが現状です。しかし、全く知らなかった人が参加の機会を得ることは多々あります。その入り口と言えるのが地域福祉センターで行っている育児相談です。育児相談に於いて自分の子供の発達具合が心配であると相談を持ちかけることで、自治体主導の幼児教室を紹介されることが多いといいます。参加を希望すれば、その場で入室手続きができます。幼児教室の参加費は原則無料で、毎月趣向の違う遊びを楽しめます。集団に入るのが苦手だった子供たちも、3、4か月過ぎる頃には、教室に行くことが待ち遠しくなるそうです。